fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

ジャポニカ学習帳

火曜企画「道下森の道具箱」

今週は「ジャポニカ学習帳」を取り上げる。

画像がないので、かわりにこちらをクリック。
  ↓
ジャポニカ学習帳について



小学生の頃、このジャポニカ学習帳は、文具の王様だった。
みんなこのノートを使っていた。
とくに低学年の頃は、ほとんどの児童が使っていたように思う。

もちろん、ぼくも使っていた。

こくご、さんすう、りか、しゃかい、かんじれんしゅうちょう。それと、れんらくちょうも。じゆうちょうってのもあったけど、これは使わなかった。さくぶん、ってのもあった気がする。

で、2年生くらいになると、「こくご」が「国語」に、「さんすう」が「算数」に、「れんらくちょう」が「連絡帳」にかわったりして、子どもながらに、おれ成長したんじゃねえ? なんて思った記憶がある。

とにかく、ノートといえば、ジャポニカ学習帳だった。

だけど、ごくたまに、ジャポニカじゃないノートを買ったときもあった。
近くの文房具屋に売っていなかったのか、あるいは気まぐれでべつのメーカーのノートを買ったのか、そっちのノートの方が10円か20円安かったのか、ちょっと記憶は定かでないが、たしかにべつのノートを買うときもあった。

で、ジャポニカ学習帳以外のノートを使っているときは、まちがいなく勉強に熱が入らなかった。

えんぴつを走らせても、うきうきしてこないのだ。

逆にいうと、ジャポニカ学習帳だとうきうきした。遠い記憶だが、たしかにうきうきしていたと思う。
少なくとも、新しい学習帳を買ったときは、よおし、バリバリ勉強するぞ、という気になっていた。

それは、決してぼくだけの話ではないはずだ。

あれはなぜなのだろう。
まるで魔法にかかったかのように、ジャポニカ学習帳だとやる気が出た。それで頭がよくなったかどうかはべつの話だが、ノートを開いて何かを書くのが、ちょっとは楽しかった。(ノートの半分をすぎたあたりでちょっと飽きて、早く新しいジャポニカがほしくて字が大きくなったり、文字ど文字との間が広くなったり、グラフとか図とかを馬鹿でかく描いたりしたが)

だが3年生(4年生?)くらいになると、みんなジャポニカ学習帳を卒業して普通のノートを使うようになった。ジャポニカを使っていると、「お子ちゃま」みたいな感じになるのだ。
ぼくはジャポニカから普通のノートへの移行がやや遅れ、最後にジャポニカを使っていたときは、クラスのほとんどの子が普通のノートを使っていて、かなり恥ずかしい思いをした。自分以外にジャポニカを使っているやつを見つけては、ほっとしたものだった。(そいつがジャポニカじゃなくなったときは、もう自分のノート捨てたいくらいのあせりを感じた)

何にしろ、このジャポニカ学習帳が、世の中に与えた影響は確実に大きい。
生まれてはじめて「勉強」という難関に取り組むちびっこに、1冊のノートをとおして、「勉強は楽しいよ」と思いこませることに成功したのだから。

ジャポニカ学習帳 れんらくちょう<9行> JA-68

新品価格
¥110から
(2010/11/30 20:46時点)





http://shigerumichishita.blog86.fc2.com/




今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
応援のクリックをしていただけると、励みになります。
   ↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



 
<- 11 2010 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
201104241236000_convert_20120212162112.jpg
検索フォーム
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login