fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

房総半島横断自転車の旅

先週の日曜から火曜、仕事が休みだった。そう、3連休だ。

で、前からその連休はどこかへいこうと計画を立てていた。→2/16「旅行の計画」

さて、その行き先だが、あそこにしようか、あっちにしようかと、あれこれ考えた結果、宮城県の気仙沼、伊勢志摩、広島の三つが最終候補地となった。

さあ、どこにする?

どこにいくにしても、自由気ままな旅なのだから、楽しくなるのはまちがいなかった。まあ、どこでもいいや、と気楽にかまえていた……

……ら、

いつのまにか連休の前日になっていた。

ヤベエ、行き先 決めねえと……

あせり出したら、何だかめんどうになってきた。どこにいくにしても、列車の時刻だとか運賃だとかを調べなくてはならないし、宿だって決めなきゃならない。そういうのを手配する手間も旅の楽しみの一つではあるが、何となく今回はおっくうだった。

試しに自宅の最寄り駅から、気仙沼までの一番早い列車の時刻を調べてみた。

5:41発の列車に乗って東京に出て、6:56発の新幹線「はやて13号」で仙台へ。そこからJRの快速に乗りかえ、10:53に気仙沼に到着する。

運賃は12,000円。

けっこうするなあ……というのが実感だった。

片道12,000円×2で24,000円。それに宿代や食費などを足すと、軽く30,000円は超える。気仙沼でこの料金だ。伊勢志摩や広島はもっとかかるだろう。

だったら鈍行でいくか。

それでも運賃は8,880円かかる。しかも到着時間が夕方5時25分だ。

何だか急に弱気になった。旅費の件もそうだが、遠方への旅となると、2泊はしないとのんびりできない。かといって、3連休のすべてを旅行に費やすのも、ちょっとなあ…… 次の日、仕事だし……

結局いつものように山にするか。奥多摩に、避難小屋泊まりの一泊二日の山行。

いや、待てよ……

そうだ!

チャリだっ!

チャリンコで旅しよう!

ぼくは安い街乗りのサイクリング車(ぱっと見マウンテンバイクっぽいが、よく見るとちがう、ってやつ)を持っている。20キロ圏内くらいの用事なら、車でなく、その自転車に乗って出かけることも多い。今のバイト先も20キロ強の場所にあるから、週に一回くらい自転車通勤の日をもうけている。(冬の間はちっと自分に負けていたが^_^;)

つまり、自転車大好き野郎なのだ。

だけど、それを旅に結びつけて考えていなかった。何となく、「自転車で旅するなら寝泊まりはテント」という頑固な概念があったのだ。

自転車=人力の旅=テント以外は軟弱! みたいな。実際、過去に何度か自転車(現在乗っているのとはべつの)で旅に出たこともあるが、すべてテント泊での旅だった。

だが今現在、ぼくはテントを持っていない(ぶっ壊れた)。だから今愛用している自転車を旅の道具ととらえていなかった。

だが考えてみれば、その考えはひじょうにナンセンスだ。ぼくの嫌いな考え方「くだらないこだわり」だ。山に登るのだって山小屋を利用しているのだから、自転車の旅だって、宿を利用したっていいじゃないか。

そうだよ、旅ってのは、自由にやりゃいいんだ。

というわけで、自転車で旅に出ることにした。

行き先はすぐに決まった。

勝浦だ。

ぼくの自宅は千葉市にあり、そこは内房の海のすぐそばだ。勝浦は同じ千葉県の海でも外房にあり、したがって自転車でいくには房総半島を横断することになる。房総丘陵を越えて勝浦の海へ! これはどう考えても絶妙なサイクリングコースだ。いかない手はない。

走る距離も、80キロ前後と手頃だ。

宿泊の場所も、ネット検索ですぐに決まった。黒鼻荘だ。素泊まり3150円の安さと、目の前が海というロケーションが決め手となった。

旅の準備も簡単にできた。レインウェアと着替え、洗面道具、筆記具、文庫本。これでじゅうぶんだ。食い物や飲み物は、道中どこかの店で買えばいいし、何だったら食堂にでもラーメン屋にでも好きなとこに入って、そこで食事すればいい。山登りとちがって、行動食をあらかじめ準備しないでいいのは気楽だった。また、列車やバスでどことそこに出かける旅ではないから、時間を気にする必要がない。これもよかった。

うきうきしながら準備をすませ、翌日からの旅に備えて早めに寝た。

で、2月20日の日曜、朝の5時半に自宅を発った。一泊二日の「房総半島横断自転車の旅」のはじまりだ。

結論をいおう。

よかった。

すげえ、おもしろい旅だった。

何がいいって、ものすごく自由だったことだ。

それでいて、人力の移動だから適度にきつく、達成感もあった。

房総の山(丘陵)の風景も素朴な田舎でよかったし、勝浦の海も町もよかった。

宿泊した黒鼻荘もよかった。主人であるおじさん(50代くらい)もいい人だったし、その母君も、ぼく好みのかわいいおばあちゃんだった。

またいこうと思う。

この黒鼻荘を常宿にして、できれば月に一度、少なくとも3カ月に一度、こうして手軽な旅をしよう。春夏秋冬。同じコースを旅しても、季節がちがえば、それぞれの印象がある。

房総半島自転車の旅。

新たな楽しみが増えた。

人生がまた、広がった。



ホームへ


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
応援のクリックをしていただけると、励みになります。

   ↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



 
<- 02 2011 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール
201104241236000_convert_20120212162112.jpg
検索フォーム
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login