fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

不老山へ

山の仲間から誘いを受け、山梨県の不老山に登ってきた。

不老山は標高839.4m、コースタイムも1時間半程度の低山だ。山のキャリアがそこそこある男2人が登る山としては物足りないが、ゴールデンウィーク真っただ中ということもあり、人ゴミを避けて計画を立てた結果、ガイドブックに載っていないこの山に決まったのだ。また、ぼくが2年ほど山から遠ざかっているのも考慮してのことだった。

中央本線上野原駅に10時半待ち合わせ。前日、遅くまで店があったぼくにはありがたいスケジュール。これも低山ならでは、だ。

10時5分、上野原に到着。

201304291015000.jpg

おお、駅前の風景が古めかしくて、旅情をかきたてられるぜ。

バスで不老下へ。
ここから往復3時間足らずの山登りがはじまる。

相棒のOさん。かれと会うのも約4年ぶりだ。

201304291112000.jpg

ちなみに、かれは聴覚障害を持っている。だから会話はすべて手話でおこなう。

手話、ひさしぶりだから、思うように手が動かない。かつては私的な場であれば、手話通訳もできるほどだったのにな。

まあ、心が通じ合えばいいのさ。山の友達に、必要以上の言葉はいらない。

2人、もくもくと歩き、登山口へ。

201304291135000.jpg

計画は成功。ゴールデンウィークだというのに、ほとんど人とすれちがわない。静かな山登り。名のある山だったら、こうはいかなかった。

途中、金毘羅宮に立ちよる。

201304291155000.jpg

そこからの眺めもわるくない。

201304291156000.jpg

さらに登る。

201304291154000.jpg

低山ながら、意外と急登。

そして、山頂へ。

201304291245000.jpg

南側の眺めがいい。写真ではわからないが富士山も見える。

201304291246000.jpg

昼飯。レーズンの食パンにチーズをはさみ、トマトスープとともにぱくつく。

1時間ほど休んで下山。

201304291421000.jpg

下りは速い。2人とも、ほとんど小走りだ。

で、無事、下山。

バスで上野原駅に戻り、列車ら乗って高尾まで。ここで温泉に入る。

温泉から出て、駅前の居酒屋で打ち上げ。

ここで2人の近況について語った。Oさん、外資系のでっかい会社に勤めていたのだが、昨年、「肩たたき」にあったらしい。次の仕事は、5月の中旬すぎにはじまるという。

ぼくもぼくで、Oさんと会わない4年間で人生が大きくかわった。自分の店を持つべく、今は料理の道を歩いている。そんな話を、ようやく思い出してきた手話で話す。

ビール2本(おれはいつだって生ビールじゃなく瓶ビールだ)、芋焼酎のロックを2杯、飲みほしたところで時計を見ると、9時ちょっとすぎ。まだまだイケるじゃん……

……と思うが、ここは高尾なのだった。自宅のある千葉まで2時間以上かかる。そろそろ引き上げようか。

京王線の列車で帰るOさんと、握手で別れた。

  マタ、イッショニ、ヤマニノボロウ。

この手話だけは、どんなに離れていても忘れない。かれと出逢い、友達になってから、何度も交わした言葉だから。

  マタ、イッショニ、ヤマニノボロウ。

  ズットズット、イッショニ、ヤマニノボロウ。


スポンサーサイト



 
<- 04 2013 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
201104241236000_convert_20120212162112.jpg
検索フォーム
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login