fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

男の作法 池波正太郎

世の中がどんなにくさりきってしまっても、本屋にいけば最高の友達に出逢えます。

こんばんは。今週も「道下森の本棚」の時間がやってきました。

さて、今日はちょっと古い本を紹介する。

これ。

男の作法 (新潮文庫)

新品価格
¥460から
(2011/1/20 17:57時点)




「男の作法」池波正太郎 だ。

この本を読もうと思ったのは、先週、紹介した、マガジンハウス発行の雑誌「BRUTUS」で紹介されていたからだ。

で、「鬼平犯科帳」も「剣客商売」も読んだことがないが、池波正太郎が語る「男の作法」を読んでみようと思ったのだ。



さて、この本は1981年に刊行された。

今から30年前、パソコンも携帯電話もない時代だ。

そんな時代背景での「男の作法」なのだが、今の時代を生きるうえでも、じゅうぶんに価値ある内容だった。



では、恒例の目次紹介といこう。(これ、かったるいんだけどなあ)



鮨屋へ行ったときはシャリだなんて言わないで普通に「ゴハン」と言えばいいんですよ。 ……11

勘定/15  トロ/18  顔/20  人事/23  目/26  組織/28  勝負/31  休日/33  旅行/35  おみやげ/38  新婚旅行/40  結婚/42  靴/45


そばを食べるときに、食べにくかったら、まず真ん中から取っていけばいい。そうすればうまくどんどん取れるんだよ。 ……49

うどん/54  ズボン/56  ネクタイ/58  スーツ/60  和服/62  羽織/63  帯/65  眼鏡/69  本/72  メモ/74  日記/75  浮気/77  慰謝料/79


てんぷら屋に行くときは腹をすかして行って、親の敵にでも会ったように揚げるそばからかぶりつくようにして食べなきゃ ……83

贈り物/88  万年筆/91  年賀状/93  麻雀/95  カレンダー/97  クセ/100  約束/102  理想/105  赤ん坊/107  留守番/110  姑/114  週刊誌/116


たまにはうんといい肉でぜいたくなことをやってみないと、本当のすきやきのおいしさとか、肉のうま味というのが味わえない。……121

食卓/125  母親/129  小遣い/132  チップ/135  退職金/139  電話/142  列車/145  心遣い/148


おこうこぐらいで酒飲んでね、焼き上がりをゆっくりと待つのがうまいわけですよ、うなぎが。……151

つま楊枝/154  店構え/156  引き戸/158  日本間/160  マンション/163  一戸建て/165  家具/167  風呂/170  香奠/172


コップに三分の一くらい注いで、飲んじゃ入れ、飲んじゃ入れして飲むのが、ビールの本当にうまい飲み方なんですよ。……175

酒/180  バー/183  バーテン/185  本屋/187  病気/190  体操/193  鍼/196  寿命/199  運命/201  死/203  生/205  占い/208  楽しみ/211  月給袋/215  女/218  運/220



いかがだろうか。

目次を見るだけで、池波氏がいかに紳士であるか、想像できるだろう。

一つひとつの内容についてははぶくが、男として考えなくちゃならないことが、すべてのページにつまっている。

とくに102ページの「約束」には、携帯電話が普及した今、人々が忘れてしまった待ち合わせに対する「作法」が書かれている。このページだけは、立ち読みでいいから(出版社の皆さま、ごめんなさい)ぜひとも一読してほしい。

もちろん、できればこの本を購入するなり図書館で借りるなりして、すべてのページを読んでほしい。古い本だが、時代がちがうからこそ、物事の本質が浮き彫りになるってこともあるはずだ。

72の項目のうち、一つでも二つでも感銘できるものがあれば、読んだ価値があったといえるではないか。

とはいえ、ぼくが思うに、重要なのは一つひとつの内容ではない。正直いうと、いくつかぼくの考えとどうしても合わない項目もあった。だがそんなとはどうだっていい。重要なのは、池波氏が、ありとあらゆることに対して、独自の「作法」をわきまえていることだ。これはすごいことだ。自分自身に一本の筋がとおっている、あるいはルールを持っている、そういうことなのだから。

てんぷらの食べ方一つをとっても作法がある。贈り物に関しても、チップのわたし方についても、バーやバーテンに対しても、きちんとしたルールを持っているのだ。

だからおそらく池波氏は、どんなことがあっても決してぶれないだろう。

男とは、そうあるべきだ。

気分によって行動の指針がぶれるようでは駄目なのだ。いかなるときも、自分なりの「作法」あるいは「ルール」にのっとって行動する。作法やルールがあれば、どんな状況にあっても決してぶれない。

内容うんぬんより、自分なりの作法やルールを持つことこそが「男の作法」なのだと思う。

ぼくも男として、自分なりの「作法」を確立したい。

だからこれからも定期的に「男の作法」関連の本を読みまくるつもりだ。いろんな人が書いた本をとにかく頭の中に(心の中に)ぶちこみ、ぐつぐつとごった煮にして、自分なりの「作法」を作り上げたい。

その第一歩として、池波正太郎の「男の作法」は、最高の指南書だった。



ホームへ


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
応援のクリックをしていただけると、励みになります。

   ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




 
 

Comments

No title 
とても魅力的な記事でした!!
また遊びにきます。
ありがとうございます!!
ビジネスマナー様 
ご訪問、そして温かいコメント、ありがとうございます。
この先も記事を書きつづける励みになります。ぜひまたお越しください。

ビジネスマナー様のサイトも、社会人が知るべき内容がつまっていて、参考になるものばかりでした。
今後いろいろと参考にさせていただきます。

ありがとうございました。

 
<- 02 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール
201104241236000_convert_20120212162112.jpg
検索フォーム
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login