fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

ユニット 佐々木譲

世の中がどんなにくさりきってしまっても、本屋にいけば最高の友達に出逢えます。

こんにちは~ 今週も「道下森の本棚」の時間がやってきました(^O^)/

さて、今日紹介するのはこれ。



佐々木譲著「ユニット」だ。


まずは、恒例の裏表紙の概要。

十七歳の少年に妻を陵辱され殺された男、真鍋。警察官である夫の家庭内暴力に苦しみ、家を飛び出した女、祐子。やがて二人は同じ職場で働くことになる。ある日、少年の出所を知った真鍋は復讐を決意。一方、祐子にも夫の執拗な追跡の手が迫っていた。少年犯罪と復讐権、さらに家族のあり方を問う長編。



佐々木譲は、バイク小説を出してた頃によく読んでいて、その世界観に共感していた。文体も好みで、けっこうファンだったのだが、徐々にバイク小説を書かなくなり、またぼく自身もオートバイに乗らなくなったこともあって、ここ15年近くは佐々木譲は読んでいなかった。

だけど気にはなっていた。

気にはなっていたが、あつかうテーマが重く、何となく敬遠していたのだ。

今回、佐々木譲の本を手にしたのに、特別な理由はない。何となく、そろそろ読んでみようか、という気になったのだ。

で、この「ユニット」を手にしたのだが、結論からいうと、よかった。マジでよかった。熱中できる本を読んでる期間は、それがあるだけで生活が楽しくなるものだが、その感覚をひさびさに味わった。先が気になって、ついつい寝不足覚悟で読みふける、ってのも、ひさしぶりに体験した。

少年犯罪と家庭内暴力という二つの問題をテーマにしているのだが、グダグダとそればかりを掘り下げる小説でないのがいい。あくまで読み手を楽しませるためのエンターテイメント小説に徹している。それが読んでいて心地よかった。

家庭内暴力と少年犯罪(母子殺害)。

どちらも人として決して許せない愚劣な行為だ。それを犯したクソどものなりゆきを、期待をこめて(もちろん地獄へ落ちろと願って)読むという、一歩まちがえば危険な精神状態での読書は、ぶっちゃけ快感だ。

果たして、そのクソどもは地獄へ落ちたかどうかは、ぜひ本書を読んでたしかめてほしい。




道下森の本棚 過去ログです。ぜひ、ご覧ください。
刑務所のリタヘイワース スティーブン・キング
オリジナルワンな生き方 ヒュー・マクラウド
スローカーブを、もう一球 山際淳司
リッツカールトンで育まれたホスピタリティノート 高野登
船に乗れ 藤谷治
ルリユールおじさん いせひでこ
超訳ニーチェの言葉
白銀ジャック 東野圭吾
神さまはハーレーに乗って ジョン・ブレイディ
気まぐれロボット 星新一
BRUTUS 2011 2/1号
男の作法
天国はまだ遠く 瀬尾まいこ
最後の授業 アルフォンス・ドーテ
モーラとわたし おーなり由子
老人と海 アーネスト・ヘミングウェイ
傷だらけの店長~それでもやらねばならない~ 伊達雅彦
Sports Graphic Number「スポーツグラフィック ナンバー」 3/24 ルーキー秘話
奇跡は路上に落ちている 軌保博光
小屋番三六五日
O型自分の説明書 Jamais Jamais
一瞬の風になれ 佐藤多佳子
バカでも年収1000万円 伊藤喜之



ホームへ


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
応援のクリックをしていただけると、励みになります。

   ↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト




 
 

Comments


 
<- 04 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
201104241236000_convert_20120212162112.jpg
検索フォーム
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login