fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

アフリカの光 丸山健二

世の中がどんなにくさりきってしまっても、本屋にいけば最高の友達に出逢えます。

こんにちは。ブログのスケジュール変更後はじめての「道下森の本棚」の時間です。「道下森の道具箱」とかわりばんこの隔週連載となりましたが、今後もよろしくお願いします。


さてと、じゃあいってみようか。今日ご紹介する本はこれ。







丸山健二著「アフリカの光」だ。

この本は表題作を含めて4編が収録されている短編集で、河出書房新社より1974年に刊行された。(後に角川文庫)

古い小説で、しかしながら古典文学の類ではないので、本屋にいってももちろん手に入らない。古本屋で見つけるしか手に入れるすべはない。Amazonで購入するという手もあるが、レア物と評されているのか、779円からの出品となっている。これは河出書房の単行本の価格で、角川文庫の方は、何と1048円からの出品だ。これに送料に250円かかる。

丸山健二の大ファンならじゅうぶん出せる額なんだろうけど、ちょっとなあ……とため息がもれる値段だ。

もちろんそれだけ出す価値があり、だからこそ「道下森の本棚」で紹介しようとしているのだが、それでも不景気の昨今、ビンボーのぼくには痛い値段だ。

だから図書館で借りた。

今回は借りて読んだのだが、以前は持っていた。いや、持っていた、というのは正確ではない。旅先の古本屋で購入し、旅の間に読み、読み終えると同時に捨てた。

つまらなかったから捨てたのではない。旅とは身軽であるべき行為だから、読み終えた本をずっと持っているなんてことはしないのだ。読んだら捨てるか、焚火に放って燃やすか、出逢った旅人にあげるか、いずれにしろ手元に残すことはない。手元には、常に読みかけの本だけがある。それが旅だ。

一度捨てた本だが、心にはずっと残っていた。旅の間ずっとだ。この本を買って読んだ場所が北海道で、この本の舞台が北海道の漁師町(明確な地名は書かれていないが、おそらく北海道のどこかと推測できる)なので、リアルに心にしみたのだろう。

その旅から数年経った今も、心に残っている。

だから今回、この「道下森の本棚」で紹介すべく、再読したのだ。

で、さっき読み終えた。

感想?

感想なんてない。ぼくごときが、ああだこうだと批評するには、あまりに偉大すぎる小説だから。

アフリカの光……

これは読んだ方がいい。いや、読むべきだ。読まなくてはいけない。本好きを名乗るのであれば。

たぶん、たいていの市町村の図書館に置いてあるはずだ。この記事を読んですぐに予約すれば、明日かあさってにはあなたの手元に「アフリカの光」があるだろう。その本には4編の短編が収録されているが、時間がなかったら表題作の「アフリカの光」だけ読めばいい。

短い物語だ。本を読みなれている人なら、ものの数十分で読み終わる。

読後あなたの口から、おお……と感嘆の声がもれるだろう。ぼくはもれた。いや、読んでいる間も、何度、声がもれたことか。

説明(叙述)を徹底的に省略し、会話文をいっさい使わず、また地名や人物名など固有名詞を一つも出さない、そんな贅肉のない小説だ。しかし、いや、だからこそ鮮明に、漁師町の情景が浮かんでくるのだ。主人公である「私」の心情が伝わってくるのだ。

丸山健二の筆力に感嘆し、いつしか物語に引きこまれ、そしてとまらなくなる。

そんな小説「アフリカの光」を、ぜひぜひ、秋の夜長に読んでほしい。

ちなみに「アフリカの光」は、中島丈博脚本、神代辰巳監督で映画化もされた。原作者である丸山健二はこっそりと客をよそおってその映画を観たという。その映画を、自らのエッセイで酷評していた。「これはひどい」と。

ぼくも10年ほど前にビデオで借りて観て、「ひどい」と思った。うん、関係者にはわるいけど、あれはひどかった。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。よかったら、今までに紹介した「道下森の本棚」も、ぜひご覧になってください。

刑務所のリタヘイワース スティーブン・キング
オリジナルワンな生き方 ヒュー・マクラウド
スローカーブを、もう一球 山際淳司
リッツカールトンで育まれたホスピタリティノート 高野登
船に乗れ 藤谷治
ルリユールおじさん いせひでこ
超訳ニーチェの言葉
白銀ジャック 東野圭吾
神さまはハーレーに乗って ジョン・ブレイディ
気まぐれロボット 星新一
BRUTUS 2011 2/1号
男の作法
天国はまだ遠く 瀬尾まいこ
最後の授業 アルフォンス・ドーテ
モーラとわたし おーなり由子
老人と海 アーネスト・ヘミングウェイ
傷だらけの店長~それでもやらねばならない~ 伊達雅彦
Sports Graphic Number「スポーツグラフィック ナンバー」 3/24 ルーキー秘話
奇跡は路上に落ちている 軌保博光
小屋番三六五日
O型自分の説明書 Jamais Jamais
一瞬の風になれ 佐藤多佳子
バカでも年収1000万円 伊藤喜之
ユニット 佐々木譲
桐島、部活やめるってよ 朝井リョウ
自分でつくる うまい海軍めし 海軍めし愛好会
スタインベック短編集
金持ち父さん 貧乏父さん ロバート・キヨサキ
ビッグウェンズデイ デニス・アーパーク ジョン・ミリアス
OZmagazin8月号
絵を描きたいあなたへ 永沢まこと
白夜行 東野圭吾
デッドエンドの思い出 よしもとばなな
獨白「北の国から」ノーツ 倉本聰
ボビーに首ったけ 片岡義男
イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学
ツナグ 辻村深月
帝国ホテルの不思議 村松友視
休息の山 沢野ひとし
最後の冒険家 石川直樹



ホームへ


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
応援のクリックをしていただけると、励みになります。


人気ブログランキングへ


こちらの姉妹ブログで、自作の小説を連載中です。第1話から読めますので、ぜひ覗いてみてください。

001_convert_20110713120246.jpg

ここからどうぞ→お父さんとの旅『入り口』


スポンサーサイト




 
 

Comments


 
<- 04 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
201104241236000_convert_20120212162112.jpg
検索フォーム
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login