fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

鉄道員(ぽっぽや) 浅田次郎

世の中がどんなにくさりきってしまっても、本屋にいけば最高の友達に出逢えます。

こんにちは。「道下森の本棚」の時間がやってきました。

さて、今日ご紹介する本は、こちら。



浅田次郎著 「鉄道員(ぽっぽや)」だ。

「小説すばる」1995年11月号に掲載され、1997年、集英社より刊行された短編だ。第117回直木賞を受賞、また1999年、高倉健主演で映画化もされたので、ご存知の方も多いと思う。

何を今さら、という感じのチョイスだが、本の古い新しいにこだわらないのが、「道下森の本棚」だ。(新刊をご紹介するときもありますが)

さてさて、この「鉄道員(ぽっぽや)」、内容は、というと……

北海道の廃線を間近に控えたローカル線の駅長の物語だ。同時に定年を迎える彼に、ある日、奇跡が訪れる……

……といった感じだろうか。ちょっと説明不足だとは思うが、いわゆる「泣ける小説」だ。

「泣ける小説」というのは、ズバリ、泣けたか、泣けなかったか、がテーマに上るが、ぼくは泣けた。それも、かなり激しく。

えっ、こんなんで泣けたの? という人もいるかもしれない。実際、Amazonなどのレビューを見ても、評価はわかれている。

「泣けた」側の人間として、「泣けなかった」人たちを否定する気持ちはこれっぽっちもない。だから逆に「泣けなかった側」の人も、「泣けた」人を否定しないでほしい。

だが、えてして「泣けなかった」人は、「泣けた」人を低く見る。こういう図式が、世にはびこっている。

それはしかし、まちがいだと思う。

なぜなら本とは、物語と読者との掛け算でできているものだからだ。

たとえば、生まれたときから都会に暮らしていて、とくに旅に出かけたこともなく、職業も「職人気質」とは無縁のもので、そういう人がこの「鉄道員(ぽっぽや)」を読んでも、主人公に感情移入はできないかもしれない。妻と娘を亡くした男の人生を読まされても、お涙ちょうだいの雰囲気が、むしろ鼻につくこともあるだろう。

しかし、逆にそういう人でも、定年を間近に迎えた人なら、共感できるものがあるかもしれない。そうだよ、男の仕事とはそういうもので、人にはわからない苦しみがあるんだ、と、胸を熱くするかもしれない。また、家族を亡くした経験を持つ人も、主人公の気持ちがわかるだろう。

ぼくの場合は、北海道に住んだことがある、というのが大きいと思う。また、長い旅もしたし。炭鉱、ローカル線、廃線、というのは、北海道を物語る上で、欠かせないキーワードなのだ。

だから情景がありありと浮かんだし、定年までずっとポッポヤでありつづけた主人公にも感情移入できた。脇をかためる人たちもよかった。

その結果、「泣けた」のだ。

本とは、そういうものだと思う。



また、この世界観を書き切った浅田次郎氏の技量もすばらしいと思う。

おそらく、この小説を書くにあたって、徹底した取材をなされているだろう。まあ、物語作家というものは、どんなものを書くときも取材をするのだが、たいていこれだけの題材の取材をしたら、あれもこれもと書こうとしてしまいがちだ。そういう小説は、読んですぐにわかる。「あ、これ、このウンチクを書きたくて物語を自分本位に動かしてるな」という具合に。つまり、物語が語るのではなく、あるいは登場人物が話すのでもなく、作家本人がしゃべってしまっているのだ。言い方をかえると、小説を読んでいて、作者の姿が見えてしまう。

この「鉄道員(ぽっぽや)」には、それがなかった。

それは浅田次郎氏が、取材した内容を徹底的にかみ砕いて、物語の中に押しこめたからだ。作者が出しゃばらずに、ただ登場人物に命を吹きこむ作業に終始した。その結果、「鉄道員(ぽっぽや)」という、わずか40ページからなる名作が生まれたのだ。

今回、「道下森の本棚」で紹介するにあたって約10年ぶりに再読したのだが、やっぱり泣けた。

いや、単に「泣けた」こと以上に深いものが、この40ページの物語から受け取ることができた。

主人公の不器用な生き方、そう、読者は泣けても、この物語の主人公は「泣かなかった」のだ。

主人公、乙松はいった。


春になってポッポヤをやめたら、もう泣いてもよかんべか、と思った。


ポッポヤはどんなときだって涙のかわりに笛を吹き、げんこのかわりに旗を振り、大声でわめくかわりに、喚呼の裏声を絞らなければならなかった。ポッポヤの苦労とはそういうものだった。



みなさんも、ぜひ読んでみてほしい。



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。よかったら、今までに紹介した「道下森の本棚」も、ぜひご覧になってください。

刑務所のリタヘイワース スティーブン・キング
オリジナルワンな生き方 ヒュー・マクラウド
スローカーブを、もう一球 山際淳司
リッツカールトンで育まれたホスピタリティノート 高野登
船に乗れ 藤谷治
ルリユールおじさん いせひでこ
超訳ニーチェの言葉
白銀ジャック 東野圭吾
神さまはハーレーに乗って ジョン・ブレイディ
気まぐれロボット 星新一
BRUTUS 2011 2/1号
男の作法
天国はまだ遠く 瀬尾まいこ
最後の授業 アルフォンス・ドーテ
モーラとわたし おーなり由子
老人と海 アーネスト・ヘミングウェイ
傷だらけの店長~それでもやらねばならない~ 伊達雅彦
Sports Graphic Number「スポーツグラフィック ナンバー」 3/24 ルーキー秘話
奇跡は路上に落ちている 軌保博光
小屋番三六五日
O型自分の説明書 Jamais Jamais
一瞬の風になれ 佐藤多佳子
バカでも年収1000万円 伊藤喜之
ユニット 佐々木譲
桐島、部活やめるってよ 朝井リョウ
自分でつくる うまい海軍めし 海軍めし愛好会
スタインベック短編集
金持ち父さん 貧乏父さん ロバート・キヨサキ
ビッグウェンズデイ デニス・アーパーク ジョン・ミリアス
OZmagazin8月号
絵を描きたいあなたへ 永沢まこと
白夜行 東野圭吾
デッドエンドの思い出 よしもとばなな
獨白「北の国から」ノーツ 倉本聰
ボビーに首ったけ 片岡義男
イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学
ツナグ 辻村深月
帝国ホテルの不思議 村松友視
休息の山 沢野ひとし
最後の冒険家 石川直樹
アフリカの光 丸山健二



ホームへ


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
応援のクリックをしていただけると、励みになります。


人気ブログランキングへ


こちらの姉妹ブログで、自作の小説を連載中です。第1話から読めますので、ぜひ覗いてみてください。

001_convert_20110713120246.jpg

ここからどうぞ→お父さんとの旅『入り口』


スポンサーサイト




 
 

Comments


 
<- 02 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール
201104241236000_convert_20120212162112.jpg
検索フォーム
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login