fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

刑務所のリタ・ヘイワース スティーブン・キング

木曜企画「道下森の本棚」

第1回は、スティーブン・キングの「刑務所のリタ・ヘイワース(新潮文庫ゴールデンボーイに所収)」だ。

201011041359000.jpg
(注)ふろ場などでもくり返し読んでいるためボロボロです^_^;

無実の罪(殺人罪)で刑務所に入ったエリート銀行家が、ある手段を使って脱獄するというストーリーで、「希望」がテーマになっている。
主人公アンディー・デュフレーンの行動を、刑務所内の「調達屋」レッドが語っていくという手法で、物語は展開される。

映画「ショーシャンクの空に」の原作といえばわかりやすいかもしれない。
かなり人気のある映画だから、知っている人も多いと思う。

とにかく読んでない人は、一度読んでほしい。
映画だけ観て原作を読んでいない人はとくに。

この二つ、ストーリーは細部をのぞいてほとんど同じだ。
ただ二つだけ、大きくちがうシーンがある。

一つは、アンディーがレッドと出所後の話をするシーン。シワタネホにホテルを建てて暮すと告白するシーンだ。そこの調達屋になってくれないかと、アンディーがレッドをくどくシーン。

小説では、その資金は、最悪の事態のために入所前に準備しておいたとある。
映画では、その資金は、刑務所で所長の秘書的な仕事をしている際に、架空の名義口座に振りこんだことになっている。

どちらがいいかはむずかしいが、個人的な感想をいうと小説の方が「深い」と感じた。

もう一つは、ラストシーン。

出所したレッドが、先に脱獄していたアンディーをたずねにいくシーンだ。



小説はこう。

 もちろん、あの町の名はおぼえている。シワタネホ。そんな美しい名前は忘れようたって、忘れられるもんじゃな い。
 すっかり興奮しているようだ。あんまり興奮しるおかげで、手がふるえて、鉛筆が満足に握れない。これは自由 人だけが感じられる興奮だと思う。この興奮は、先の不確実な長旅に出発する自由人にしかわからない。
 どうかアンディーがあそこにいますように。
 どうかうく国境を越えられますように。
 どうか親友に再開して、やつと握手ができますように。
 どうか太平洋が夢の中とおなじような濃いブルーでありますように。
 それがおれの希望だ。



と、そこで終わっている。



で、映画はこう。

ショーシャンクの空に [DVD]

新品価格
¥954から
(2010/11/4 11:49時点)



 ※YouTubeなど動画がありますが、著作権の問題でリンクをご紹介できませんm(__)m

語りの部分はほぼ同じ、ちがうのは、先がわからないで終わっている小説に対し、映画は、最後にアンディーと逢うシーンが描かれているところだ。

これをどう評するか。

小説は、あくまで、この先どうなるかわからない、という心持ちのまま物語を終えている。「先が不確実な長旅に出発する自由人」であることを尊重しているのだ。長く刑務所という不自由な場所で暮らしていた者が、はじめて自由を意識した、希望を持った、先がわからないことに興奮している、だから物語も結末がわからないところで終わる。深い。小説らしい、いい終わらせ方だ。

一方、映画のラストシーンは、ストーリーにプラスして映像で勝負している。再開したアンディーとレッドの何ともいえない笑顔もすばらしいし、スクリーン一面に広がる太平洋の青さも、映画のラストをかざるのにふさわしいといえる。

つまり、どちらもいいのだ。
そんな物語は、珍しいと思う。
たいていはどちらかが(ほとんどの場合は映画が)おとるものだ。

そんなわけで、記念すべき第1回『道下森の本棚』にふさわしい本を紹介できたと思う。

みなさんもぜひ、小説「刑務所のリタ・ヘイワース」と映画「ショーシャンクの空に」を比べて、楽しんでみてください。

では、また来週(^.^)/~~~

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)

新品価格
¥860から
(2010/11/4 11:45時点)



ショーシャンクの空に [DVD]

新品価格
¥954から
(2010/11/4 11:49時点)




http://shigerumichishita.blog86.fc2.com/




今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
応援のクリックをしていただけると、励みになります。
   ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




 
 

Comments


 
<- 02 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール
201104241236000_convert_20120212162112.jpg
検索フォーム
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login