fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

お金の科学 ジェームス・スキナー

世の中がどんなにくさりきってしまっても、本屋にいけば最高の友達に出逢えます。

こんにちは。「道下森の本棚」の時間がやってきました。

さて、2012年最初に紹介する本はこれ。





ジェームス・スキナー著「お金の科学」だ。

この本の紹介をはじめる前に、2012年の目標について語りたい。長くはならない。一言ですむから。

ズバリ、お金持ちになる ということだ。

これが今年の、ぼくの目標。とにかく金持ちになろうと思うのだ。初もうででも、そればっかり願った。

今、「えっ、新年に立てる目標がって、何かいやらしくねえ?」って思った人!

あなたはまちがってる。

「お金持ちになる」ってのは、何にもまして健全な目標だ。いやらしい、と考えるのは、お金に対して失礼なことなのだ。

えっ?「お金よりたいせつなものもあるだろう」って?

もちろん、ある。だけどそのたいせつなものを得るために、お金は役に立たないだろうか。

たとえば、お金よりも愛がたいせつだ、と考えるとする。家族への愛、友人への愛、人類愛……。だけどその愛は、はたしてお金なくして成り立つだろうか。

家族の誰かが病気になったとする。そのとき、空よりでっかい愛を持っていたとしても、お金がなくては、病気に対する治療費ははらえない。

あるいは友人が事業に失敗し、路頭に迷う寸前だとする。友人が相談にきても、お金を持っていなければ、その友人を助けてあげることはできない。いくら温かい言葉で励ましたところで、何の解決にもならないのだ。

貧困な国で飢えに苦しむ人たち。かれらに対しても、愛があるだけでは何もしてあげられない。お金があってこそ、愛が形になるのだ。

また、一番たいせつなのは夢だとしよう。
夢さえあればほかには何もいらないなんて、それこそ夢物語だ。夢の実現にはお金がいる。それは本気で夢を追いかけている人なら、いやというほどわかっているはずだ。

だのに人は、「お金がほしい」という言葉に何となく負のイメージを抱く。とくに日本人にはその傾向が強い。それは子どもの頃から、そう洗脳されているからだ。昔話でも、たいてい金持ちはいやなやつで、貧乏人は心が清い。

だからぼくが冒頭で述べた、「今年の目標はお金持ちになることだ」の言葉に、嫌悪感を抱くのだ。

本当は誰もがお金持ちになりたいのに。

いや、自らの、そしてまわりの人の幸せを願うなら、誰もがお金持ちにならなくてはいけないのだ。



この本、「お金の科学」には、お金のルールについての真実がすべて書かれている。

そのルールをすべてここに書くわけにはいかないが、選りすぐったものだけ紹介したいと思う。


第4章「人生の法則」の中から。

お金の五つの動機付け ※筆者が要約しました。


【動機付け1】お金持ちであれば、「ノ―」と言える!

お金があれば、やりたくないことに対して「ノー」といえる。
職場で、会社や上司に不道徳な指示を出されたとき、生活のためを思い、ついその指示どおり動いてしまうことはないか。お金があれば、堂々と「ノー」といえる。



【動機付け2】お金持ちであれば、「イエス」と言える!

お金があれば、人生における素晴らしい多くのものに対して、「イエス」と言える。
友人から「今ハワイで、皆で目標設定をやっいてる。最高に楽しいけど、来ない?」
お金があれば、その誘いに「イエス」と答えられるのだ。もちろん時間の都合もあるだろうが、人がこんなケースで断る理由の多くはお金の問題ではないだろうか。



【動機付け3】お金持ちであれば、自分を支えてくれる快適な環境を確保できる!

お金を得る三つ目の動機付けは、自分の成功と幸福をサポートしてくれる快適な環境を確保できることだ。住む家。仕事の空間。食事。旅先での宿泊場所。ジムで汗を流した後のマッサージ。などなど。



【動機付け4】お金持ちであれば、質の高い経験を買うことができる!

ほとんどの人は、お金を得ればいろいろな物が手に入ると考える。だが人は「物」で満たされることはない。なぜなら物は最後まで人の外側にあるものだから。
お金は「教育と経験を得る手段」なのだ。
知識、成長、経験は深いレベルで人を満たすことができる。それは我々の一部になるからだ。


さらに、もっともっと、途方もない大金持ちになる動機とは……


【動機付け5】お金持ちであれば、ほかの人を助けることができる!
「大金などいらない」という人は、けちなのだ。気づいていなくても、その人は自らのことしか視野に入れていないのだ。
その人が大きな財産を求めないのは、自己中心な思いからきているのだ。
多くの物を必要としないということは理解できるし、尊敬もできる。
だが他人が持つ悩みに目を向けて、世界の抱える多くの問題を視野に入れたら……。

アフリカでは、マラリアの予防をするための蚊帳は1ドルで確保できる。
世界の多くの場所では、人は1日1ドルで満足な食事ができる。
子どもの視力を回復するための手術は、25ドル程度でできる。



どうだろう。

お金持ちになりたいと思わないか?

少なくともこの五つの動機付けを読めば、お金持ちであることが、わるいことだとは思わないと思う。

この「お金の科学」をすべて読めば、お金持ちになる方法、お金持ちでありつづける生活、そのためのルールがびっしりと書かれている。

自分の幸福のため、愛する人の幸福のため、全人類の幸福のため、一緒にお金持ちにならないか!

ぜひ、読んでみてほしい。






今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。よかったら、今までに紹介した「道下森の本棚」も、ぜひご覧になってください。

刑務所のリタヘイワース スティーブン・キング
オリジナルワンな生き方 ヒュー・マクラウド
スローカーブを、もう一球 山際淳司
リッツカールトンで育まれたホスピタリティノート 高野登
船に乗れ 藤谷治
ルリユールおじさん いせひでこ
超訳ニーチェの言葉
白銀ジャック 東野圭吾
神さまはハーレーに乗って ジョン・ブレイディ
気まぐれロボット 星新一
BRUTUS 2011 2/1号
男の作法
天国はまだ遠く 瀬尾まいこ
最後の授業 アルフォンス・ドーテ
モーラとわたし おーなり由子
老人と海 アーネスト・ヘミングウェイ
傷だらけの店長~それでもやらねばならない~ 伊達雅彦
Sports Graphic Number「スポーツグラフィック ナンバー」 3/24 ルーキー秘話
奇跡は路上に落ちている 軌保博光
小屋番三六五日
O型自分の説明書 Jamais Jamais
一瞬の風になれ 佐藤多佳子
バカでも年収1000万円 伊藤喜之
ユニット 佐々木譲
桐島、部活やめるってよ 朝井リョウ
自分でつくる うまい海軍めし 海軍めし愛好会
スタインベック短編集
金持ち父さん 貧乏父さん ロバート・キヨサキ
ビッグウェンズデイ デニス・アーパーク ジョン・ミリアス
OZmagazin8月号
絵を描きたいあなたへ 永沢まこと
白夜行 東野圭吾
デッドエンドの思い出 よしもとばなな
獨白「北の国から」ノーツ 倉本聰
ボビーに首ったけ 片岡義男
イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学
ツナグ 辻村深月
帝国ホテルの不思議 村松友視
休息の山 沢野ひとし
最後の冒険家 石川直樹
アフリカの光 丸山健二
鉄道員(ぽっぽや) 浅田次郎
やがて笛が鳴り、僕らの青春は終わる 三田誠広
やさいのかみさま カノウユミコ



ホームへ


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
応援のクリックをしていただけると、励みになります。


人気ブログランキングへ


こちらの姉妹ブログで、自作の小説を連載中です。第1話から読めますので、ぜひ覗いてみてください。

001_convert_20110713120246.jpg

ここからどうぞ→お父さんとの旅『入り口』


スポンサーサイト




 
 

Comments


 
<- 04 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
201104241236000_convert_20120212162112.jpg
検索フォーム
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login