fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

吉田類の酒場放浪記

世の中がどんなにくさりきってしまっても、本屋にいけば最高の友達に出逢えます。

こんにちは。ひさかたぶりの「道下森の本棚」の時間です。

さて、ひさかたぶりになってしまった言い訳等ははぶき、さっそくいってみよう。今日、紹介する本は、これ。



吉田類の酒場放浪記 だ。

ところで、吉田類さんを、みなさんご存知だろうか?

この人、今、世間ののん兵衛たちの間で、ちょっとしたカリスマとなっているらしい。

BS-TBSで「吉田類の酒場放浪記」という番組のレポーターをやっていて、その番組が巷で大人気らしいのだ。
参照→「吉田類の酒場放浪記」BS-TBS

ぼくのテレビは地上波しか観られないので、残念ながらその番組は観たことがない。だが存在は知っていて、一度観てみたいと心から思っていた。

このブログの読者さんなら、うすうす(?)気づいていると思うが、ぼくは無類の酒好きだ。とにかく酒なら何でも好き。嫌いな酒、苦手な酒というものもないし、外で飲むのも家で飲むのも好きだ。また、山で飲む酒も好きだし、キャンプで飲む酒も好き。列車で飲む酒も好きだし、ぼんやりと海や川を眺めながら飲む酒も好きだし、スポーツ観戦しながら熱く飲む酒も好きだ。

だけどやっぱり一番好きなのは、気の合う仲間と飲む酒だ。そこがいい感じの酒場ならいうことない。

で、この「酒場放浪記」だ。

イラストレーター・俳人であり、酒に造詣の深い吉田類が、東京近郊を中心に日本各地の酒場をめぐる番組で、吉田独特の人柄を持ち味に軽妙なナレーションを交えつつ、店主・店員や常連の客と交流をしながら酒場を紹介をしている。

酒飲みの間では、「超」人気番組なのだという。

観たい! マジで観たい!

とはいえ、そのためだけにBSに加入するのも馬鹿馬鹿しい。だからまあ、我慢していた。(我慢というほどのことではないが)

そんなある日、本屋で立ち読み(書店のみなさま、ごめんなさい)していたとき、「吉田類の酒場放浪記」という文字が目に飛びこんできた。

何と、その番組が、書籍化されていたのだ。

これはうれしいじゃないか。

で、さっそく買った……わけではなく、図書館で借りた(出版関係のみなさま、すみません)。

で、最近、部屋でふろ上がりのビールを飲みつつ、読んでいる。

おもしろい。

単なるガイドブック以上の魅力が、この1冊につまっている。

あ、1冊っていったけど、これシリーズ化されてて、すでに5巻(5杯目)まで出ている。これから全部、読むつもりだ。

読んで、季節が暖かくなってきたら、東京に出向いて、気になる店にいってみたいと思っている。1人飲みもしたいし、友達とも飲みたい。

いつも千葉の、安いだけが取りえのまずいチェーン居酒屋ばかりで飲んでるけど、ぼくももういい年だし、これからはそういうセコイ飲み方をしないで「本物」の酒場で飲みたいと思う。粋な男になりたいからね、この吉田類さんのような。

そのためには、東京遠征も辞さない覚悟だ。

まあ、そんなわけで、この「吉田類の酒場放浪記」、酒飲みたちの指南書として、おすすめです。



追記。

本で我慢していたのだが、「吉田類の酒場放浪記」が、YouTubeにアップされてた! マジうれしい。動画の提供者のみなさん、ありがとうございます!

今日紹介した本の一軒目の店として紹介されていた、東京は武蔵野市にある「いせや総本店」の動画をご覧ください。



※動画提供者の方へ、重ねてお礼申し上げます。


では、また(^o^)丿



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。よかったら、今までに紹介した「道下森の本棚」も、ぜひご覧になってください。

刑務所のリタヘイワース スティーブン・キング
オリジナルワンな生き方 ヒュー・マクラウド
スローカーブを、もう一球 山際淳司
リッツカールトンで育まれたホスピタリティノート 高野登
船に乗れ 藤谷治
ルリユールおじさん いせひでこ
超訳ニーチェの言葉
白銀ジャック 東野圭吾
神さまはハーレーに乗って ジョン・ブレイディ
気まぐれロボット 星新一
BRUTUS 2011 2/1号
男の作法
天国はまだ遠く 瀬尾まいこ
最後の授業 アルフォンス・ドーテ
モーラとわたし おーなり由子
老人と海 アーネスト・ヘミングウェイ
傷だらけの店長~それでもやらねばならない~ 伊達雅彦
Sports Graphic Number「スポーツグラフィック ナンバー」 3/24 ルーキー秘話
奇跡は路上に落ちている 軌保博光
小屋番三六五日
O型自分の説明書 Jamais Jamais
一瞬の風になれ 佐藤多佳子
バカでも年収1000万円 伊藤喜之
ユニット 佐々木譲
桐島、部活やめるってよ 朝井リョウ
自分でつくる うまい海軍めし 海軍めし愛好会
スタインベック短編集
金持ち父さん 貧乏父さん ロバート・キヨサキ
ビッグウェンズデイ デニス・アーパーク ジョン・ミリアス
OZmagazin8月号
絵を描きたいあなたへ 永沢まこと
白夜行 東野圭吾
デッドエンドの思い出 よしもとばなな
獨白「北の国から」ノーツ 倉本聰
ボビーに首ったけ 片岡義男
イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学
ツナグ 辻村深月
帝国ホテルの不思議 村松友視
休息の山 沢野ひとし
最後の冒険家 石川直樹
アフリカの光 丸山健二
鉄道員(ぽっぽや) 浅田次郎
やがて笛が鳴り、僕らの青春は終わる 三田誠広
やさいのかみさま カノウユミコ
お金の科学 ジェームス・スキナー
探偵はバーにいる 東直己
プロ野球二軍監督 赤坂英一
29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。葉山アマリ



ホームへ


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
応援のクリックをしていただけると、励みになります。


人気ブログランキングへ


こちらの姉妹ブログで、自作の小説を連載中です。第1話から読めますので、ぜひ覗いてみてください。

001_convert_20110713120246.jpg

ここからどうぞ→お父さんとの旅『入り口』


スポンサーサイト




 
 

Comments

No title 
こんばんは。
この番組も本も初めて知りました。
今は酒場から遠い場所に暮らしていますのでもっぱら家飲み^^; 

東京にいた頃、井の頭公園や吉祥寺によく行きました。
安くて美味しい、面白い店がたくさんありました。
「いせや」、思わず身を乗り出して見ちゃいました。
あの煙もくもく、なんとも懐かしい^^
しばし郷愁にひたりました。ありがとうございます♪
ハルさんへ 
ハルさん、こんにちは。

東京の大衆酒場って、いいですよね、若い世代の人にはわるいけど、日本が本当に元気だった「昭和」の面影が、色濃く残ってて。(といっても、昭和の頃は、ぼくはまだ酒が飲める年ではなかったのですが)

ハルさんも、東京で暮らしていた頃は、そうした酒場で楽しい時間をすごしたのでしょうか?
吉祥寺っていったら、今、飲食業に携わる人が店を出したい街の№1らしいですね。

ぼくも「酒場放浪記」の動画を観て、身体がうずうずしているので、吉祥寺でも井の頭公園でも、遠征する気満々でいます。

近々、その報告をブログでできたらいいと思っています。


 
<- 02 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール
201104241236000_convert_20120212162112.jpg
検索フォーム
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login