fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

シボレーの自転車②

こんにちは。「道下森の道具箱」の時間がやってきましたよ~。

ではさっそくいってみよう。本日紹介する道具は、

これ。

201204121409001.jpg

シボレーの自転車 だ。

シボレーって……? そう、あのアメリカの車メーカー、シボレー(Chevrolet)が出してる自転車だ。といっても、そんなに高くはない。それに性能も、ママチャリに毛が生えた程度だ。やっぱりモチはモチ屋で、自転車メーカーが生産する自転車にはかなわない。

それでもすごく気に入っている。どれだけ気に入っているかは、この過去記事を読んでみてほしい。

2011.4.12「シボレーの自転車」

そう、じつはこの自転車、すでに「道下森の道具箱」で紹介済みなのだ。ただ最近、自転車通勤をはじめて(参照→2012.4.11「自転車通勤をはじめました」)、それにちなんでちょっとした出来事があったので、そのことを書いておきたいと思ったのだ。

さて、前記したとおり、自転車通勤をはじめたわけだが、ちょっとブレーキの利きがわるいのが気になっていたので直してもらうことにした。近所に買い物にいく程度なら問題ないのだが、往復44キロの道のりを毎日走るとなると、やはり完璧な状態にしておきたい。

で、今週の月曜、仕事帰りに、この自転車を購入した、千葉市の某町の〇×サイクルに出向いた。

20代後半と思われる男の店員が応対してくれた。

ぼく「あの……、自転車の修理をお願いしたいんですけど」
店員「はい。ええっと、自転車は? ああ、これですね」
ぼく「ブレーキなんですけど」
店員「ああ……、かなりきてますね」
ぼく「そうですか」
店員「ううん、これ、油をさして、ねじをしめて、とりあえずブレーキが利くようにすることはできます」
ぼく「はあ」
店員「……」
ぼく「……?」
店員「……」
ぼく「……で?」
店員「うん、だけどそれだと100パーセント安全とはいいかねるんですよね」
ぼく「そうですか」
店員「……」
ぼく「……」
店員「……」
ぼく「……?」
店員「……」
ぼく「で? つまり部品ごと交換した方がいいってことですか?」
店員「うん、まあそうなんですけど……」
ぼく「……」
店員「……」
ぼく「……?」
店員「……」
ぼく「どこを交換するんですか?」
店員「うん、そうですねえ、ワイヤーと〇△(聞き取れず)と、パッドもかなり硬化してますからねえ……」
ぼく「全部交換した方がいいんですか?」
店員「はい。まあ、そうなんですけどね。ただそうなるとけっこういい金額いっちゃうんですよねえ……」
ぼく「いくらくらいですか?」
店員「そうですね。ワイヤーと〇△とパッドもかなりいっちゃってますからねえ……」
ぼく「あの……、いくら?」
店員「1万は超えますね。1万5千円くらいいくかも」
ぼく「だけどその方がいいんなら、交換してください」
店員「ううん。そうなんですけどね……」
ぼく「……」
店員「……」
ぼく「……?」
店員「……」
ぼく「……?」
店員「ただ、ブレーキだけじゃなくて、チェーンもね、けっこういっちゃってるんですよね」
ぼく「はあ。そうですか」
店員「……」
ぼく「……」
店員「……」
ぼく「直した方がいいなら、そっちも直してください」
店員「ええ。だけど、全部直しても、たとえばスポークなんかもいかれてますし、この辺もかなりサビついてますしねえ……」
ぼく「……」
店員「……」
ぼく「……」
店員「……」
ぼく「あの、それで?」
店員「ですから、全部直すとなると、けっこういい金額いっちゃうんですよね。しかも直しても、たぶん、またどこか壊れるかもしれませんし……」
ぼく「それで?」
店員「まあ、きりがないっていうか……」
ぼく「それはあれですか? 買いかえた方がいい、ってわけですか?」
店員「まあ、長い目で見たら、そっちの方が得ですよね。安上がりっていうか」
ぼく「だけど、直せばまだ乗れますよね?」
店員「ううん。だけど、どの道買いかえるなら、いいタイミングじゃないですかね。だってこれ全部直したら、けっこういっちゃいますよ。だったら買いかえちゃった方が……」
ぼく「はあ……」
店員「ちなみに、もし買いかえるなら、これと同じタイプの自転車はこれですね」

そういって店員は、ずらりと並ぶ新車の中から、一台の自転車に手をかけた。ジャイアントのクロスバイクで、4万7千円と札が貼ってある。

店員「これはちゃんとした自転車のメーカーのものですからね」
ぼく「あの……、とりあえず出直します」
店員「そうですか。まあ、考えといてください」

ぼくは店を辞した。



こんなふうに、すぐに買いかえをすすめる店を、ぼくは信用しない。

たしかにあの若い店員がいうように、修理代と新車の価格を比較して考えれば、買いかえた方が「お得」なのはよくわかる。

だけど、ぼくはその考え方は嫌いだ。

よく電気製品などの宣伝文句で、「これは省エネ製品だから、電気代のことを考えたら買いかえた方が特だ」みたいなものがある。これからはエコの時代だから、電気代のかからない製品に買いかえるべきだ、と。

だけど、それって「エコ」だろうか?

新しい製品ができたら、まだ使えるにもかかわらず買いかえるのって、はたしてエコなのだろうか?

ちがうだろう!

一つの道具を、とことん使い古すのが、真のエコではないのか!

道具ってのは、使えなくなるまでとことん使うものだ。いや、壊れて使えなくなっても、修理できるのなら、直して使うべきなのだ。



〇×サイクルを辞した後、ぼくはべつの自転車屋に向かった。

すぐ近くに、パーツの交換と中古自転車の販売をおこなう店があった。

「修理をお願いしたいんですが」
「自転車を見せてもらえますか。あ、店の中に入れちゃってください」

いかにも自転車が好きだという感じの若者が店番をしていて、ぼくの自転車を見るなり、すぐに修理をはじめてくれた。

前後のブレーキのワイヤー交換と、チェーンの交換、修理代は4千2百円。

「これでいい感じに乗れると思うんですけど」

店員はそういいつつ、なおもしつこくブレーキの利き具合をチェックした。

「はい。お待たせしました」
「ありがとうございます」

ぼくはいい気分で店を出た。

そして、自転車に乗った。

おおおっ!

完璧だ!

ブレーキもしっかり利くし、それにチェーンをかえたから、走りがなめらかだ。

よみがえったこの自転車で、ぼくはこの先しばらくチャリ通をつづける。

古い自転車だから、またどこかがいかれることもあるだろう。だがそのときは、安易に買いかえたりせず、パーツを交換して、長く乗ろうと思う。

道具には命があるのだから。その命ある「道下森の道具箱」の道具たちを、簡単に捨てるなんてこは、ぼくにはできない。

201204070503000.jpg

写真は、出勤前の愛車。あたりはまだ薄暗い。



今週の「道下森の道具箱」いかがでしたか?
道下森の道具箱で、過去に紹介した道具たちも、ぜひご覧ください。


ペリカン スーベーレンM400
竹岡式ラーメン
マーチン バックパッカー
元祖森名物いかめし味コーンスナック
ジャポニカ学習帳
ドイター フューチュラ28
ミレー サースフェー30
OUTDOOR ロールボストン45
カリマー クーガー50-75
サッポロ 麦とホップ
サッポロ ヱビスビール
アサヒ スタウト
花王 ニベアクリーム
フリーザーバッグ
えんぴつホルダー
たち吉 湯のみ
エースコック 勝浦タンタンメン
Suica
三菱鉛筆 プロッキー
ツクダオリジナル オセロゲーム
シボレーの自転車
サクラクレパス クーピーペンシル(前編)
サクラクレパス クーピーペンシル(後編)
RYU-RYU ポケットカレンダー
おやつカンパニー ベビースターラーメン
T-fal 圧力鍋(ティファール オーセンティック ステンレス製 両手圧力鍋 10L IH対応)
プーマ ミニバッグ
オースティン・ニコルス ワイルドターキー
道下ノート「用字用語集」
昭文社 復興支援地図
昭文社 ツーリングマップル
南郷トマトジュース「桃太郎」 JA会津みなみ
花鳥文字(台湾みやげ)
キリン クラシックラガー
キリン 秋味
ジャック・ダニエル
snow peak マグカップ(チタンシングルマグ300フォールディングハンドル)
講談社 類語大辞典
諸橋酒造 越乃景虎本醸造
サッポロビール 麦とホップ<黒>
クマよけスプレー(カウンターアソールト)
日立のコタツ
寿萬亀 純米吟醸本生原酒 亀田酒造
日清カップヌードル
RYU-RYU 2012年ポケットカレンダー (壁掛け)
プーマ ボストンバッグ
奥の松 吟醸/あだたら吟醸 奥の松酒造
寺田本家 醍醐のしずく



ホームへ


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
応援のクリックをしていただけると、励みになります。


人気ブログランキングへ


こちらの姉妹ブログで、自作の小説を連載中です。第1話から読めますので、ぜひ覗いてみてください。

001_convert_20110713120246.jpg

ここからどうぞ→お父さんとの旅『入り口』


スポンサーサイト




 
 

Comments

No title 
すぐに直してくれるお店があってよかったですね!
読後感がとってもさわやか!!

直してくれたのが渋いおじさんでなくて
自転車好きの若い店員さんなのも嬉しいです。
ますます自転車通勤が楽しいですね。
まいまいさんへ 
まいまいさん、こんにちは。

新車をすすめた店員も、直してくれた店員も、どちらも若くて、だけど一方は今風の若者であったのに対し、直してくれた方の店員は、どこかオタクっぽく、もう自転車が好きでたまらないといった感じでした。修理も楽しそうにやってましたね。

こうやって修理やパーツ交換をくり返すたび、道具に対する愛着が深まっていきます。ホントは自分で修理できればいいんですけど、あいにくそっちの方はチンプンカンプンなので、いい自転車屋に出会えてよかったです。

コメント、ありがとうございました。
自転車 
そうですか自転車がすきなんですね。
私なんか怖くて市内は乗れません。学生時代は乗っていたのに?
今は自転車にも乗れず、火の車に乗ってます。それじゃ。
No title 
こんにちは!

シボレーの自転車カッコイイですね!
片道22km!往復44km!
自転車通勤良いですね~!
間違いなく健康になりますね!
車ばかりで運動不足なので見習わなければ!
笑って生きてん さんへ 
笑って生きてん さん、こんにちは。

ぼくの住む場所は海に近い田舎で、自転車で走りやすいんです。ですが、ちょっと町中に入ると、交通量も多く、やっぱり怖いです。

火の車は、乗り心地もよくないでしょうから、ぜひ降車することをお勧めします(^_-)

コメントありがとうございました。
やまuT さんへ 
やまuT さん、こんにちは。

ぼくも車ばっかり乗ってまして、ちょっとヤバいなあ、と思っていたこともあって、自転車通勤をはじめたんです。当初は筋肉痛もあり、疲労も激しかったのですが、最近はようやく慣れてきて、楽しむ余裕も出てきました。

いつか、この自転車に乗って、やまuTさんのように日本全国を旅したいなあ、と、無理な夢を思い描いております。

コメントありがとうございました。
No title 
初めまして。記事興味深く拝読いたしました。
先に訪れた自転車屋さんの店員さんの対応ですが、私としてはその方もまた『嘘の付けない人』だと感じます。
というのも、実はシボレーは自転車を製造しておらず、大阪の大友商事という商社が中国から輸入した自転車に自動車メーカーのステッカーを貼って販売しているのが、いわゆる自動車メーカー系自転車だからです。もちろんフェラーリなどが実際に製造した自転車もありますが、100万円クラスのお値段になります。
なので、最初に訪れた店の店員さんが述べた

「ですから、全部直すとなると、けっこういい金額いっちゃうんですよね。しかも直しても、たぶん、またどこか壊れるかもしれませんし……」

「これはちゃんとした自転車のメーカーのものですからね」


という言葉は、実はとても正直な言葉だと思います。GIANTは今やヨーロッパ系ブランドの自転車の下請け生産までしている世界最大のれっきとした自転車メーカーですから。
(まさかお客様に対してあなたの自転車はメイドインチャイナの品物だから、品質的に不安があるとまでは言えませんし)
ですから、決して悪意やいい加減な気持ちではなく、品質に不安を感じたからつい言葉が濁ってしまったと思います。

自転車さんへ 
自転車さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

そうですね、たしかにおっしゃるとおり、一軒目の自転車屋の店員の対応は正直だったと思います。むしろ大半の自転車屋の店員は同じような対応をするのだとも思います。

また、「シボレーの自転車」がじつは中国製のもので、そこにシボレーのステッカーを貼って販売しているいうのも、どこかで耳にしたことがあります。だから「シボレーの自転車」はすぐに壊れるとも。

ただ、その「シボレーの自転車」を購入したのもその一軒目の自転車屋で、ですから、「そんなにあちこち壊れる可能性があるなら販売するなよ」というのがぼく個人の本音です。

それと、ぼくは古い人間なので、昨今の「壊れたらすぐに買いかえる」という風潮がいやで、それでこんな記事を書きました。

ですから、一軒目の自転車屋の店員に悪気があったとは思っていませんが、それでもやっぱりすぐに買いかえをすすめてくる店というのは、個人的には信用できません。実際、2軒目の自転車屋で直してもらってから半年経った今も、何の不具合もなく乗れているのですから。

ですが、これは人それぞれの考え方の問題で、どちらが正しいということではないのだと思います。だから一軒目の店員を悪者みたく書いてしまったことを、ちょっと反省しなくちゃいけませんね^_^;

コメントありがとうございました(^^)

 
<- 02 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール
201104241236000_convert_20120212162112.jpg
検索フォーム
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login