fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

陽だまりの彼女 越谷オサム

世の中がどんなにくさりきってしまっても、本屋にいけば最高の友達に出逢えます。

こんにちは。超ひさしぶりに「道下森の本棚」の時間がやってきました(^o^)丿

さてさて、超ひさしぶりではあるけど、それについての言い訳やら何やらはせず、とっとと本の紹介にいきましょう。今日紹介する本はこちら。



越谷オサム著「陽だまりの彼女」だ。

まずは裏表紙の内容。

幼馴染みと十年ぶりに再会した僕。かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ冴えないイジメられっ子だった彼女は、モテ系の出来る女へと驚異の大変身を遂げていた。でも彼女、俺には計り知れない過去を抱えているようで―その秘密を知ったとき、恋は前代未聞のハッピーエンドへと走りはじめる!誰かを好きになる素敵な瞬間と、同じくらいの切なさもすべてつまった完全無欠の恋愛小説。


この本は、本屋の平積みの棚に「女の子が男の子に読んでほしいNo.1小説」のコピーで売られていた。

そのコピーを目にしたぼくは、「ふうん……、べつにどうだっていいけど……」とスルーしつつ、内心ではかなり気になり、他の本を物色しながらも「女の子が男の子に読んでほしい、って、どんな本だ……?」と頭の中がそればっかりになった。

そして、

そして、

意を決して購入した……

……わけではなく、図書館で借りた^_^; (本屋さん、毎度毎度ごめんなさい)

予約して、かなりの期間待って、先日ようやく手にできた。

で、読んだ。

こ、これは……

表紙のほのぼのとした感じや、裏表紙の内容から、何となくライトノベルっぽい物語だろうと予想していた。

ところが読んでると、かなりちゃんとした小説であることがわかった。
文体もリズム感があって読みやすいし、情景描写もしっかりと表現されているし、会話にも実体がある。(上から目線の評価ですみません)

そして何より、主人公の浩介にも、彼女(後に奥さん)の真緒にも、100%感情移入できる。じつはぼくにとってはこれが一番重要で、その本がいいかわるいかは、ほとんどこのポイントで決まるといっていい。

こんなやついねえよ、とか、こいつ何かいやなやつじゃねえ? とか、ちらっとでも思ってしまったら、その本はもうぼくの心の中のゴミ箱に捨てられるのだ。※作者が意図的にいやなやつを描いた本はこのかぎりではない。

この本の主人公たちはいやなやつではなかった。むしろ愛すべき人物だった。
だから、2人に幸せになってもらいたいと強く願いながら、本を読みつづけた。

それが物語の後半になると、不吉な場面がちらほらと出はじめた。何となく、哀しい展開へと流れがかわりはじめたのだ。

おいおい、ふざけんなよ……

ぼくは不安を抱えつつ、その不安を解消したくて睡眠時間を削って読みつづけた。だが読めば読むほど、不安は増大していく。

これってもしかして、いわゆる彼女が病気だったっていうあのパターンか……?

いやいや、それだけは勘弁してほしい。だけどこれはもうまちがいない……

そう確信し、さらに読んでいく。そしてついにすべての謎がとけ、物語は完結する。

これ以上はネタバレになるので、以下、読書中ぼくの心の声を聴きつつ、どんなものかを想像してほしい。



えええっ?

何? うそおっ?

えええっ?

マジかあっ?

そうだったんかあっ?

えっ、でも、だって……

あっ、ホントだ……

だけど、じゃあ、あれは?

あっ、そうか……

じゃあ何?

えええっ?

マジで?

えええっ?

せつなすぎだろ!

うわっ、マジ、これ、くるよお……

きたわ……

……

……

涙……

……



……ってな感じだ。

読む人によって、ハッピーエンドとも取れるし、そうではないとも取れる。

ぼくは、ただただせつなくなった。読み終わってしばらくしても、そのせつなさは消えずに残った。

だけどまあ、ものすごくいい本だったのはまちがいなくいえる。

ぜひ、読んでほしい。

読めば必ずせつなくなる。そして、必ず再読したくなる。これこそが、この本の特徴だ。
ぼくも今、ふたたび読み返している最中だ。2度目は、せつなさが倍以上になって胸に迫る。マジでせつなくなる。

ちなみにこの本、今年の新潮文庫の100冊に選ばれた。

新潮文庫、やるじゃん(^_-)



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。よかったら、今までに紹介した「道下森の本棚」も、ぜひご覧になってください。

刑務所のリタヘイワース スティーブン・キング
オリジナルワンな生き方 ヒュー・マクラウド
スローカーブを、もう一球 山際淳司
リッツカールトンで育まれたホスピタリティノート 高野登
船に乗れ 藤谷治
ルリユールおじさん いせひでこ
超訳ニーチェの言葉
白銀ジャック 東野圭吾
神さまはハーレーに乗って ジョン・ブレイディ
気まぐれロボット 星新一
BRUTUS 2011 2/1号
男の作法
天国はまだ遠く 瀬尾まいこ
最後の授業 アルフォンス・ドーテ
モーラとわたし おーなり由子
老人と海 アーネスト・ヘミングウェイ
傷だらけの店長~それでもやらねばならない~ 伊達雅彦
Sports Graphic Number「スポーツグラフィック ナンバー」 3/24 ルーキー秘話
奇跡は路上に落ちている 軌保博光
小屋番三六五日
O型自分の説明書 Jamais Jamais
一瞬の風になれ 佐藤多佳子
バカでも年収1000万円 伊藤喜之
ユニット 佐々木譲
桐島、部活やめるってよ 朝井リョウ
自分でつくる うまい海軍めし 海軍めし愛好会
スタインベック短編集
金持ち父さん 貧乏父さん ロバート・キヨサキ
ビッグウェンズデイ デニス・アーパーク ジョン・ミリアス
OZmagazin8月号
絵を描きたいあなたへ 永沢まこと
白夜行 東野圭吾
デッドエンドの思い出 よしもとばなな
獨白「北の国から」ノーツ 倉本聰
ボビーに首ったけ 片岡義男
イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学
ツナグ 辻村深月
帝国ホテルの不思議 村松友視
休息の山 沢野ひとし
最後の冒険家 石川直樹
アフリカの光 丸山健二
鉄道員(ぽっぽや) 浅田次郎
やがて笛が鳴り、僕らの青春は終わる 三田誠広
やさいのかみさま カノウユミコ
お金の科学 ジェームス・スキナー
探偵はバーにいる 東直己
プロ野球二軍監督 赤坂英一
29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。葉山アマリ
吉田類の酒場放浪記
ゴールデンラッキービートルの伝説 水沢秋生
超訳ニーチェの言葉②


ホームへ


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
応援のクリックをしていただけると、励みになります。


人気ブログランキングへ


こちらの姉妹ブログで、自作の小説を連載中です。第1話から読めますので、ぜひ覗いてみてください。

001_convert_20110713120246.jpg

ここからどうぞ→お父さんとの旅『入り口』




スポンサーサイト




 
 

Comments


 
<- 02 2024 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール
201104241236000_convert_20120212162112.jpg
検索フォーム
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login