fc2ブログ
魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

魂の落書き 〜おでんまちのひ 店主の日記〜

旅について 遊びについて 夢について 人生観について 本について 愛用品について ありったけの思いを語ります

 

オレの宇宙はまだまだ遠い 益田ミリ

世の中がどんなにくさりきってしまっても、本屋にいけば最高の友達に出逢えます。

こんにちは。超(×100)ひさかたぶりに、みっちーの本棚の時間がやってきましたよ~

さてさて、そんなひさかたぶりの本棚から取りだしますのは、これ。



益田ミリ著『オレの宇宙はまだまだ遠い』 だ。

どんな本かというと、ズバリ漫画だ。エッセイ漫画というのだろうか、192ページのソフトカバーの本に6ページほどの短編がいくつもつまっている。

参照→益田ミリ最新刊 『オレの宇宙はまだまだ遠い』

簡単に説明すると、32歳書店員土田君(独身)の日常を描いた漫画だ。何も特別ではない、平凡な主人公の平凡な人生。なのに読んでいてぐっとくる。

いや、そうじゃないな。

土田君は平凡なんかじゃない。世間一般でいわれている「平凡」の定義に当てはまっているだけだ。読んでいくうちに、すごくあたたかみのある個性的な人間であるとわかってくる。

そもそも「平凡」な人間なんてこの世に存在しないのではないか。こうした「平凡」といわれがちな青年を主人公にした物語を読むたびそう思う。誰もが人生の主人公なんだなあ、と。

そして、そんな主人公の言動や思いに共感するぼくも、きっと一般的には「平凡」の定義にあてはまったタイプの人間なのだ。何も特別ではなくて、だけど自分の人生においては主人公である、その程度の人間なのだ、たぶん……

ちょっぴり寂しいけど……

さて、そんなぼくが土田君に最も共感した場面がある。

世間が給料日で、いつもより客が多い店でレジ打ちしながら、心の中で入社当時を振り返る場面だ。


  毎月、給料日は
  
  書店がいつもより
  込むことを、入社して
  初めて知ったとき
  
  オレ、

  感動したんだよな

  給料日に本を買いに寄る
  
  コツコツと地道に
  働いている大人が

  こんなにたくさん
  いるんだって

  なんかすげえ
  いいなあって泣きそうに
  なったんだよなあ



ああ、と読んでいて胸が熱くなった。

ぼくも勤めているおでん屋で、店がやたらとこんで、その日が世間の給料日だと気づくと、まったく同じように感じて泣きそうになる。

ああ、この人たち、1カ月がんばったんだなあ、って。生活のためにいやなことにも耐えて、毎日コツコツと働いてきたんだなあ、って。

それを思うとたまらなくなって、1人ひとりに「お疲れさまでした」と声をかけたくなるのだ。どうぞ今夜はゆっくり楽しんでいってください、って。

ちなみにこの場面は、上のリンクのページに無料試し読みとして載っているから、ぜひ読んでみてほしい。第3話「正社員」にあるから。

ほかにも共感できる場面が満載だった。

素朴だけど、心があったかくなって、オレもがんばろう、って思える本だ。

みなさんにもぜひ読んでみてほしい。

ではまた(^o^)丿



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。よかったら、今までに紹介した「道下森の本棚」も、ぜひご覧になってください。

刑務所のリタヘイワース スティーブン・キング
オリジナルワンな生き方 ヒュー・マクラウド
スローカーブを、もう一球 山際淳司
リッツカールトンで育まれたホスピタリティノート 高野登
船に乗れ 藤谷治
ルリユールおじさん いせひでこ
超訳ニーチェの言葉
白銀ジャック 東野圭吾
神さまはハーレーに乗って ジョン・ブレイディ
気まぐれロボット 星新一
BRUTUS 2011 2/1号
男の作法
天国はまだ遠く 瀬尾まいこ
最後の授業 アルフォンス・ドーテ
モーラとわたし おーなり由子
老人と海 アーネスト・ヘミングウェイ
傷だらけの店長~それでもやらねばならない~ 伊達雅彦
Sports Graphic Number「スポーツグラフィック ナンバー」 3/24 ルーキー秘話
奇跡は路上に落ちている 軌保博光
小屋番三六五日
O型自分の説明書 Jamais Jamais
一瞬の風になれ 佐藤多佳子
バカでも年収1000万円 伊藤喜之
ユニット 佐々木譲
桐島、部活やめるってよ 朝井リョウ
自分でつくる うまい海軍めし 海軍めし愛好会
スタインベック短編集
金持ち父さん 貧乏父さん ロバート・キヨサキ
ビッグウェンズデイ デニス・アーパーク ジョン・ミリアス
OZmagazin8月号
絵を描きたいあなたへ 永沢まこと
白夜行 東野圭吾
デッドエンドの思い出 よしもとばなな
獨白「北の国から」ノーツ 倉本聰
ボビーに首ったけ 片岡義男
イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学
ツナグ 辻村深月
帝国ホテルの不思議 村松友視
休息の山 沢野ひとし
最後の冒険家 石川直樹
アフリカの光 丸山健二
鉄道員(ぽっぽや) 浅田次郎
やがて笛が鳴り、僕らの青春は終わる 三田誠広
やさいのかみさま カノウユミコ
お金の科学 ジェームス・スキナー
探偵はバーにいる 東直己
プロ野球二軍監督 赤坂英一
29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。葉山アマリ
吉田類の酒場放浪記
ゴールデンラッキービートルの伝説 水沢秋生
超訳ニーチェの言葉②
陽だまりの彼女 越谷オサム
スポンサーサイト




 
 

Comments


 
<- 05 2023 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
姉妹ブログ「お父さんとの旅」
WEB小説「お父さんとの旅」週1~2回のペースで連載してます。
001_convert_20121102183528.jpg
北海道カヌーの旅
2001年秋~冬、北海道の川をゴムカヌーで下った、3カ月の旅の軌跡  大好評連載中    ↓
ブロとも申請フォーム
ツイッター フォローしてね
今日もつぶやいてます。ぜひフォローをお願いします。


Archive RSS Login